日本マグロ白書
サイトメニュー
マグロ味比べ対決
コラム

自分の好きな鮪を食べましょう!

ここで紹介したマグロの味比べ対決はあくまで、「一般的にはそう言われる事が多い」というだけです。 ですから、もし皆さんが国産より外国産の方がおいしいと感じたり、冷凍より生の方がおいしいと感じるなら、今まで通りその道を貫いてください。 特に、美食家の多くがトロより赤身を好む傾向があるからといって、それをそのまま自分の好みに取り入れる必要は全くありません。 誰が何と言おうが、自分のおいしいと思うものを食べることこそ、生きている楽しみの1つなのですから……。

マグロ味比べ対決

ここではいろいろな鮪の味比べ対決を、格闘技形式で紹介します。その前段階の豆知識的要素として、マグロに含まれている栄養素についても説明しています。いくらおいしいからといってマグロを食べ続けるとどうなるのか、数あるマグロの中でもどんな鮪が一番おいしいのか、気になりますよね。

マグロの栄養

マグロはその一生を泳ぎ続けて終わるため、その筋肉や脂身には旨味だけでなく、多くの栄養素も含んでいます。例えば赤身には、たんぱく質や鉄分が多く含まれ、トロにはビタミン類の中でも特に、ビタミンEが多く含まれています。

マグロの栄養素が体に及ぼす影響

マグロはこのように、人間の血液をサラサラにしてくれる栄養素を多く含んでいますが、食べ過ぎると逆に体にわるい影響を及ぼします。特にトロはカロリーが非常に高いので、日常的に取り続けると、高血圧をはじめとする生活習慣病を招く可能性があります。

マグロ味比べ対決

スーパーやお寿司屋さんなどに行くと、いろいろなまぐろが所狭しと並んでいます。しかしそんな数多くのマグロの中で一番おいしいのは、一体どれなのでしょう。

国産vs.外国産

マグロの味比べをする時に必ず話題になるのがこの、「国産マグロと外国産マグロ、果たしてどちらがおいしいのか?」です。もちろん国産、外国産と言ってもこのサイト内で紹介した通り、いろいろな種類や水揚げ地があるので、一概には決め付けられません。 しかし国産の代表選手【大間マグロ】と、外国産の代表選手【ミナミマグロ】を比べた時、一般的に大間マグロのほうが脂の乗りがよく、その流通数も少ないことから珍重される傾向にあります。よってこの対決は僅差で……

○【国産・大間マグロ】vs.【外国産・ミナミマグロ】●

「僅差の判定により、国産大間マグロの勝利」と言えるでしょう。

生vs.冷凍

どんな食べ物でも、生モノと冷凍モノを比べると、生モノのほうが断然おいしいのが普通です。しかし、まぐろに限って言うとこの公式は当てはまらず、冷凍マグロの方がおいしいのです。 その理由は、まぐろは冷凍することで【熟成】するためです。これは作ったその日に食べるカレーよりも、何日か寝かせた後に食べるカレーのほうが味わいが増すのとほぼ同じ理屈です。具体的には、まぐろを数ヶ月間冷凍すると、その間に旨味の成分であるアミノ酸が作られることによります。よってこの対決は……

●【生マグロ】vs.【冷凍マグロ】○

「3ラウンドKOにより、冷凍マグロの勝利」と言えるでしょう。

トロvs.赤身

マグロといえばそのお腹の部分の肉であるトロと、背中の部分の肉である赤身に大きく分けることができます。お寿司屋さんで鮪と言えば、どんなお店でもこの2つは必ず置いてありますよね。一般的には赤身よりトロの方がおいしいと思われがちですが、真の食通(グルメ)になると、トロよりも赤身を好む傾向にあるようです。 美食家いわく、「トロは脂が乗りすぎていて、いやらしい」のだそうです。しかし、私たち一般人にとってトロのその脂身こそが、おいしいと感じるのも事実です。そのためこの対決は……

△【トロ】vs.【赤身】△

「両者12ラウンド戦った挙句決着がつかず、その後更なる遺恨試合へ」といった感じでしょうか。

結果発表

以上のような対決結果により、グルメをも唸らせる最高のマグロは、

【大間産冷凍マグロの赤身】

に決定しました! 高級料亭や、回らないお寿司屋さんでこのような鮪を見かけたら、財布とよく相談した上で食べるかどうか決めてくださいね。

現代マグロ漁

このカテゴリーでは、現代のマグロ漁について学んでいくことができます。

マグロの種類

マグロの種類や、地名のついている呼び名などを学ぶことができるカテゴリーです。

マグロを取り巻く問題

現在マグロの世界に起こっている様々な問題について、学ぶことができるカテゴリーです。

マグロにまつわるエトセトラ

このカテゴリーでは、実際の生活に役立つマグロの情報を、ご紹介しています。


ページの先頭へ