日本マグロ白書
サイトメニュー
いろいろなマグロ
コラム

マグロとニックネーム

マグロにはニックネームが付いているものもあり、そのニックネームにもいくつかの種類があることも面白い点です。例えばビンナガマグロは静岡ではトンボと呼ばれますが、マグロ市場関係者の間では、伝統的にビンチョウと呼ばれます。
さらに最近では、最もおいしい時期に冷凍保存し市場に出回ったビンナガマグロを、ビントロと呼ぶようになりました。 皆さんも学生時代の友人・職場の同僚・近所の友人で、呼ばれ方が変わることがありませんか?そのようなことが、マグロにも起きるのです。

いろいろなマグロ

大間マグロも三崎マグロも、いわばまぐろが水揚げされた港(町)の名前を付けただけで、本当の呼び名は違います。大間マグロや三崎マグロに限って言えば、本マグロ(=クロマグロ)のケースが多いですが、まぐろには本マグロ以外にもたくさんの種類が存在するのです。

ビンナガマグロとは

ビンナガマグロのデータ

ビンナガマグロ

生息地 : 地球上の温暖(もしくは亜熱帯)地域
体長 : 1メートル前後
体重 : 15キロ前後
適した料理 : 刺身、ムニエル、フライ系
素材としてのオススメ度 : ★★★☆☆


ビンナガマグロの特徴

ビンナガマグロは、まぐろとしては小ぶりなタイプですが、流通量が豊富なため私たち日本人も頻繁に口にしています。ビンナガマグロは身近なところでは、回転寿司のネタとして多く出回っています。 だからと言って他の鮪に比べて味が劣るかと言うと決してそのようなこともなく、単純に流通量が豊富なため価格も安いというのが事実に近い表現だと言えるでしょう。

キハダマグロとは

キハダマグロのデータ

キハダマグロとは

生息地 : 北海道以南
体長 : 1.5メートル前後
体重 : 60キロ前後
オススメ料理 : 刺身、ムニエル、フライ系
素材としてのオススメ度 : ★★★☆☆


キハダマグロの特徴

キハダマグロは、ほっそりした体つきが特徴的です。キハダマグロの切り身は、薄みがかかったピンク色をしています。関西圏では「マグロ=キハダマグロ」という位のいわば鮪の王道ですが、関東圏ではいまいち人気が出ていません。

メバチマグロとは

メバチマグロ

メバチマグロのデータ

生息地 : 地球上の温暖な地域
体長 : 2メートル前後
体重 : 150キロ前後
適した料理 : 刺身、煮付け系、フライ系
素材としてのオススメ度 : ★★★★☆


メバチマグロの特徴

メバチマグロはそのプックリとした風貌から、マグロ市場ではダルマと呼ばれています。メバチマグロはあっさりとした味わいと濃厚なうま味が同居しているので、お寿司屋さんでの人気も高い鮪です。ちなみに、関東圏で一番流通量が多いまぐろがこのメバチマグロです。

ミナミマグロとは

ミナミマグロ

ミナミマグロのデータ

生息地 : 南半球
体長 : 2メートル前後
体重 : 150キロ前後
適した料理 : 寿司、刺身
素材としてのオススメ度 : ★★★★★


ミナミマグロの特徴

ミナミマグロは南半球に生息しているため、元来遠洋漁業を中心とした方法で日本に運ばれてきました。そのためミナミマグロと言えば、冷凍マグロでしか日本には届きませんでした。しかし近年では、オーストラリアなどの南半球の国々がミナミマグロの養殖を始めたため、生のミナミマグロも日本国内で流通し始めています。ミナミマグロはその高級な味わいから、お寿司屋さんなどではこぞってネタとして仕入れています。

マグロの世界は奥深い!

このように一口にまぐろと言っても実に多くの種類が存在し、なおかつ私たち日本人の食生活にも深く溶け込んでいるものばかりです。また値段と味が単純に比例しないのも、まぐろの世界の奥深いところです。 確かに本マグロやミナミマグロは値段も高く美味ですが、ビンナガマグロのようなお手軽なまぐろでも、十分においしく食べることができます。回転寿司に入った時、あまり期待していなかった鮪(たいていの場合ビンナガマグロだと思われます)が、思いのほかおいしかったという経験は、皆さんもあるのではないでしょうか?

現代マグロ漁

このカテゴリーでは、現代のマグロ漁について学んでいくことができます。

マグロの種類

マグロの種類や、地名のついている呼び名などを学ぶことができるカテゴリーです。

マグロを取り巻く問題

現在マグロの世界に起こっている様々な問題について、学ぶことができるカテゴリーです。

マグロにまつわるエトセトラ

このカテゴリーでは、実際の生活に役立つマグロの情報を、ご紹介しています。


ページの先頭へ