日本マグロ白書
サイトメニュー
三崎マグロ
コラム

三崎港周辺で、 三崎マグロを食す!

日本各地には、漁港の周辺に朝市などのグルメエリアが存在する地域も少なくありません。 この例に漏れず三崎港界隈にも朝市があり、新鮮なまぐろをはじめとする魚介類の販売はもちろん、料理屋さんや定食屋さんなどが数多く並んでいます。 三崎港周辺の朝市は、何と言ってもその新鮮さがウリなので、観光客の評判も上々のようです。 皆さんも三浦半島で歴史と自然を楽しむ際には是非、三崎港でおいしい魚料理も楽しんでみてください。

三崎マグロ

三崎マグロと言えば、大間マグロと並び称されるほど質が高いとされる、日本を代表するまぐろです。三崎マグロの特徴や価格はもちろん、現在進行中の三崎マグロが直面しようとしている問題も同時に解説します。三崎マグロについて知らなかったことが見えてくるはずです。

三崎マグロとは

三崎マグロとは、神奈川県三浦半島沖にある三崎港に水揚げされる鮪のことで、青森県の大間マグロと並んで有名なまぐろです。三崎港に水揚げされる三崎マグロには、世界各地でとれたまぐろが集まり、その種類も本マグロからミナミマグロまでバラエティに富んだものになっています。

三崎町とは

三浦半島

三浦半島の南端にある三崎町(三崎港)は、現在では日本屈指のマグロ漁港として有名です。しかし歴史的には、その地形的要因から鎌倉時代から水軍の根城として発展しました。その後江戸時代に入り、三崎は日本で初めてセリが行われた町としても知られています。現在の三崎港にはまぐろが水揚げされるだけでなく、毎日釣りを楽しむ人や観光客も集まり、たいへんな賑わいを見せています。歴史遺産とそこに住む人々の息遣いが共存している街、それが三崎町なのです。


三崎マグロの特徴

三崎マグロとは簡単に言えば、世界各地でとれた本マグロなどが、三崎港に水揚げされた際の名称です。ですから三崎マグロには、世界各地のいろいろな種類のまぐろが含まれていると言う事ができます。 このワールドワイドな部分が、三崎マグロの最大の特徴なのです。ただし三崎マグロがワールドワイドだからと言って、決して「雑多」というわけではなく、世界中の上物のマグロが集まるのも大きな特徴なのです。

三崎マグロ漁

三崎港では日本近海で取れる鮪はもちろん、世界中で取れるまぐろを扱っています。ですから正確には、三崎マグロ漁とは遠洋漁業が主体の漁業という事になります。大間マグロと同じく、秋から年末にかけてが三崎マグロの最盛期なので、この時期の三崎マグロ漁は大変な活気に満ちたものになります。

三崎マグロの価格

切り身

三崎マグロの価格は、まさにピンからキリまでと言えますが、一般的に三崎マグロには世界中のレベルの高いまぐろが集まるため、それなりに値段のするものが多いようです。ただし三崎マグロの価格も、ほかの鮪と同様に単純に味だけで決まるものではないため、値段が高いから上質な三崎マグロであるとは断言できません。また、三崎マグロの価格から、まぐろと私たち日本人が直面しつつある問題について透かして見ることができます。


三崎マグロから見て取れる問題点

三崎マグロが世界中のまぐろの集合体だという事は、世界のマグロ事情と真っ先に直面するのも、三崎マグロだという事になります。以下の点に関しては、このサイト内の別ページで詳しく説明しますが、世界中で現在マグロの需要が高まっているため、近い将来今まで通りの価格で、鮪が日本人の口に入らなくなるかもしれない事態が起こりつつあります。 当分の間は取り決めにより、急にマグロの価格が高くなる事は、そうはないでしょうが、将来的には必ずマグロ価格は高騰するでしょう。そして、その影響を真っ先に受ける可能性があるのが三崎マグロなのです。

三崎マグロから学べること

三崎マグロから学べる事には、先ほど紹介したような世界中の需要高騰があげられます。しかし案外忘れられがちな点として、多くの人間が命がけでマグロ漁を行っているおかげで、日常的に私たちが鮪を食べる事が出来ているという事もあげられます。 体長1~3メートル、体重数百キロにも及ぶマグロを船の上からとるわけですから、マグロ漁はたいへんなキケンを伴う作業です。彼らマグロ漁師のそんな仕事を土台として、私たちが鮪を食べられる事に対する感謝の気持ちを、忘れてはいけないのではないでしょうか?


現代マグロ漁

このカテゴリーでは、現代のマグロ漁について学んでいくことができます。

マグロの種類

マグロの種類や、地名のついている呼び名などを学ぶことができるカテゴリーです。

マグロを取り巻く問題

現在マグロの世界に起こっている様々な問題について、学ぶことができるカテゴリーです。

マグロにまつわるエトセトラ

このカテゴリーでは、実際の生活に役立つマグロの情報を、ご紹介しています。


ページの先頭へ