日本マグロ白書
サイトメニュー
マグロ市場
コラム

マグロ価格の相場

単にまぐろと言っても、それが天然か養殖か、国産か外国産かでだいぶ値段にも差が出てきます。 私たちに身近なところでは、回転寿司の鮪は1皿200~300円程度が相場ではないでしょうか。 これが高級なお寿司屋さんになると、1貫3000~5000円程度にまで一気に相場が上昇します。 お財布と相談して自分に合ったまぐろを食べることが出来るのは幸せなことですが、その裏でどのような状況が進行しているのかを考えると、少し恐ろしくなってきます。

マグロ市場

マグロの漁獲量や消費量、供給量などは時代ごとにどのような変遷を経て現在に至っているのでしょう。ここでは、そんな現代のマグロ市場に起きている問題点を皆さんと一緒に考えながら、私たち日本人がどのような対策をとることが出来るのか考えていきたいと思います。

マグロ市場とは

マグロ市場とは厳密に言えば、東京・築地のように大規模なまぐろの商いが行われている場所を示します。しかしここでは、マグロの漁獲量・消費量の変遷といった商業活動に力点を置いて、いろいろな問題を紹介していきます。

マグロ漁獲量

クロマグロの漁獲量 :

西大西洋で取れるクロマグロは、1960年代のピーク時には1万トンもの漁獲量を誇りましたが、その後減少傾向にあります。また、東大西洋で取れるクロマグロは1970年代以降上昇傾向を見せ、1990年代中盤のピーク時には、5万トンもの漁獲量を誇りました。しかしその後現在に至るまで急速に漁獲量が落ち込み、現在では2万トン程度になっています。

ミナミマグロの漁獲量 :

ミナミマグロの漁獲量は、1960年代初頭には8万トン以上の漁獲量でそのピークを迎えましたが、その後徐々に減少し現在では1万トン前後にまで落ち込んでいます。

メバチマグロの漁獲量 :

太平洋海域でのメバチマグロの漁獲量は、2000年代初頭に至るまでなだらかに上昇し、およそ10万トン前後の漁獲量を誇っていました。しかし2000年以降は少し減少し、現在では10万トンにまでは届いていません。また大西洋海域でのメバチマグロの漁獲量は現在に至るまで徐々に上昇し続け、現在では6万トン前後の漁獲量を誇っています。

世界のマグロ消費量

以前は鮪を食べる食文化を有するのがほとんど日本だけだったので、
【世界のマグロ消費量≒日本のマグロ消費量】でした。
1970年代には、世界のマグロ消費量は100万トンに満たないほどでしたが、2000年以降は2倍以上に膨れ上がり、現在でも上昇傾向にあります。それでも今なお、日本の占めるマグロの消費量は、世界中のそれの30パーセントほどを占めています。

国産と輸入の変遷から見る、日本人へのマグロ供給量

以前までは日本人が食べるまぐろの大部分が国産マグロでしたが、1980年代に入り輸入マグロの供給が進み、1997年前後を境に国産と輸入のバランスが逆転しました。それ以降現在に至るまで、国産マグロの供給量は徐々に減少し、輸入マグロの供給量は上昇し続けています。

日本へのマグロ輸出国の変遷

まぐろを日本に輸出している国の数も、この20年ほどで急増しました。1980年代には30カ国前後だった日本へのまぐろの輸出国数が、20年後の2005年には50カ国を超えています。主な日本のマグロ輸入相手国は、オーストラリアやスペインなどです。しかしそれ以外にも、台湾や韓国のような日本近海から、グァムやスリランカといった地域までグローバルに展開しています。


マグロ市場から見て取れる問題点

マグロ漁獲量の減少

まぐろの種類や海域によって、マグロの漁獲量のピークに多少の差はありますが、現在では軒並みマグロの漁獲量は減少しています。これはそのまま、天然マグロの数がどんどん減少していることを表しています。

マグロ消費量の増加

2000年代に入り、鮪の消費量は一気に上昇しています。これはまぐろを消費しているのが日本だけでなく、世界各国に波及していることを如実に表しています。俗な言い方ではありますが、鮪のおいしさに世界中の人が気付いてしまったことが伺えます。

マグロ市場から学べること

刺身

このように現在マグロ市場には、今までのどの時代よりも急激な変化が訪れています。天然マグロの減少を食い止め、マグロ消費量の増加を緩やかなものにするために、私たち日本人に出来ることは少なくないはずです。身近なところでは、週に1回鮪の刺身を食べるところを2週間に1回に減らすだけでも、相当な効果が現れるはずです。天然資源を守るためにも、是非実行に移したい事柄の1つです。


現代マグロ漁

このカテゴリーでは、現代のマグロ漁について学んでいくことができます。

マグロの種類

マグロの種類や、地名のついている呼び名などを学ぶことができるカテゴリーです。

マグロを取り巻く問題

現在マグロの世界に起こっている様々な問題について、学ぶことができるカテゴリーです。

マグロにまつわるエトセトラ

このカテゴリーでは、実際の生活に役立つマグロの情報を、ご紹介しています。


ページの先頭へ